書き込み処理

オペレーション名

書き込み

機能概要

入力データをGoogleドライブ上のスプレッドシートに書き込みます。

データモデル

本コンポーネントのデータモデルはテーブルモデル型です。

プロパティ

変数の使用については、「変数」を参照してください。
基本設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
名前 必須 使用不可 スクリプトキャンバス上での名前を入力します。  
入力データ 必須 使用不可 スクリプトキャンバス上にあるコンポーネントを選択します。  
必須設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
接続先 必須 使用不可 グローバルリソースを選択します。
  • [追加]:
    新規にグローバルリソースを追加します。
  • [一覧の編集]:
    「リソース一覧の編集」画面にて、グローバルリソースの設定を編集することができます。
 
フォルダパス 省略可 使用可 Googleドライブ上のフォルダを「/」(スラッシュ)から始まる絶対パスで選択または入力します。
  • 省略した場合、ルートフォルダ(「/」)を使用します。
ファイル名 必須 使用可 スプレッドシートのファイル名を入力します。
  • 指定したファイル名のスプレッドシートが存在しない場合、指定したファイル名で新規にスプレッドシートを作成して書き込みを行います。作成されたスプレッドシートは「Sheet1」という名前のシートを持ちます。
シート名 省略可 使用可 [ファイル]で指定したスプレッドシートのシートを選択または入力します。
  • 省略した場合、先頭のシートに書き込まれます。
  • 指定したシート名のシートが存在しない場合、指定したシート名で新規にシートを作成して書き込みを行います。
  • 大文字小文字を区別しません。
列一覧 省略可
-
各列に対する列名を指定します。

各列は以下のボタンで操作することができます。
  • [追加]:
    列を追加します。
  • [上へ]:
    選択している列の順序を一つ上に上げます。
  • [下へ]:
    選択している列の順序を一つ下に下げます。
  • [削除]:
    列を削除します。
 
列一覧/列名 省略可 使用可 各列に対する列名を入力します。  
プロパティアクション
項目名 説明 備考
フォルダパス一覧の更新 指定した接続先にあるフォルダパスを取得して、[フォルダパス]に設定します。
  • [接続先]を指定・変更した場合や、Googleドライブ上でフォルダの追加・変更を行った場合、本プロパティアクションを使用することでその変更を反映させることができます。
ファイル名一覧の更新 指定したフォルダパスにあるファイル名を取得して、[ファイル名]に設定します。
  • [フォルダパス]を指定・変更した場合や、Googleドライブ上でファイルの追加・変更を行った場合、本プロパティアクションを使用することでその変更を反映させることができます。
  • [フォルダパス]に変数が設定されている場合は無効になります。
シート名一覧の更新 指定したファイルからシート名を取得して、[シート名]に設定します。
  • [ファイル名]を指定・変更した場合や、Googleスプレッドシート上でシートの追加・変更を行った場合、本プロパティアクションを使用することでその変更を反映させることができます。
  • [フォルダパス]または[ファイル名]に変数が設定されている場合は無効になります。
列一覧の更新 指定したスプレッドシートの1行目の値から列名を取得して、[列一覧]に設定します。
  • [シート名]を指定・変更した場合や、Googleスプレッドシート上で列の追加・変更を行った場合、本プロパティアクションを使用することでその変更を反映させることができます。
  • [フォルダパス][ファイル名]または[シート名]に変数が設定されている場合は無効になります。
  • [開始条件]が設定されている場合には、[開始条件]にマッチする行が対象の行となります。
書き込み設定
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
1行目に列名を挿入 省略可 使用不可 指定したスプレッドシートの1行目に列名を挿入するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    1行目に列名が挿入されます。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    列名は挿入されません。
 
上書き 省略可 使用不可 指定したスプレッドシートが存在した場合、上書きするかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:(デフォルト)
    上書きします。指定したスプレッドシートが存在しない場合は、新規に[ファイル名]で指定した名前でスプレッドシートを作成して書き込みます。
  • [チェックなし]:
    上書きしません。指定したスプレッドシートが存在する場合は、SpreadsheetAlreadyExistedExceptionがスローされて書き込み処理に失敗します。
 
ターゲットシートの削除 省略可 使用不可 指定したスプレッドシートにデータを書き込む前に、指定したシートを削除するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    削除します。指定したシートが存在しない場合は無視されます。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    削除しません。
  • [上書き]にチェックを入れた場合、有効になります。
  • シートの削除を行い書き込んだ場合、対象のシートの位置は右端になります。
  • シートの削除に失敗してWorksheetDeleteFailedExceptionが発生した場合、一時的に作成されたシートがスプレッドシートに残っている可能性があります。
書き込み位置を指定 省略可 使用不可 書き込み開始位置を指定するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    書き込み位置を指定します。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    書き込み位置を指定しません。
 
書き込みを開始するセルの指定条件 省略可 使用不可 書き込み開始するセルの指定条件を選択します。
  • [セルアドレスを指定]:(デフォルト)
    [開始セルアドレス]を入力して、指定したセルアドレスから書き込み処理を開始します。
  • [開始セルの値を指定]:
    [開始セルの値]を入力して、マッチしたセルから書き込み処理を開始します。
  • [書き込み位置を指定]にチェックを入れた場合、有効になります。
  • 選択した指定方法により、対応した入力フィールド([開始セルアドレス]/[開始セルの値])に切り替わります。
開始セルアドレス 省略可 使用可 書き込み開始条件のセルアドレスを入力します。
例:A1
  • [書き込みを開始するセルの指定条件][セルアドレスを指定]を選択した場合、有効になります。
  • 省略した場合、A1から書き込みを開始します。
開始セルの値 省略可 使用可 書き込み開始条件のセルの値を入力します。
  • [書き込みを開始するセルの指定条件][開始セルの値を指定]を選択すると有効になります。
書き込み単位を指定 省略可 使用不可 書き込みを行う行数の単位を指定するかどうかを選択します。
  • [チェックあり]:
    書き込みを行う行数の単位を指定します。
  • [チェックなし]:(デフォルト)
    書き込みを行う行数の単位を指定しません。
  • チェックを入れた場合、複数回に分けてデータの書き込みを行うため、メモリ使用量が少なくなります。ただし、処理時間は長くなります。また、2回目以降の書き込みで失敗した場合、それまで書き込んだデータはスプレッドシートに残ります。
  •  
  • チェックを入れない場合、一度にすべてのデータの書き込みを行うため、書き込みに失敗してもデータは残らず、処理時間も短くなります。ただし、メモリ使用量はデータ量にしたがって多くなります。
書き込み単位(行) 必須 使用可 書き込みを行う行数の単位を入力します。
  • デフォルト値は「1000」です。
コメント
項目名 必須/省略可 変数の使用 説明 備考
コメント 省略可 使用不可 このアダプタの簡単な説明を記述することができます。
説明を記述すると、仕様書に反映させることができます。
 

スキーマ

入力スキーマ

[列一覧]の設定により、カラム数が異なります。
スキーマ構造については、「テーブルモデル型のスキーマ」を参照してください。

出力スキーマ

ありません。

Mapperでのスキーマ読み込み

スキーマは自動で読み込まれます。
詳細については、「スキーマ編集」を参照してください。

トランザクション

トランザクションはサポートしていません。

PSPでの使用について

PSPで使用できます。
PSPについては、「パラレルストリーミング処理」を参照してください。

使用できるコンポーネント変数

コンポーネント変数名 説明 備考
count 書き込みを行った行数を返します。
  • デフォルト値はnullです。
folderPath 書き込みを行ったスプレッドシートのフォルダパスを返します。
  • デフォルト値はnullです。
fileName 書き込みを行ったスプレッドシートのファイル名を返します。
  • デフォルト値はnullです。
message_category エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードのカテゴリが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_code エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードのコードが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
message_level エラー発生時、発生したエラーに対応するメッセージコードの重要度が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
error_type エラー発生時、発生したエラーの種類が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • エラーの種類は、以下のような形式となります。
    例:「java.io.FileNotFoundException」
  • SkyOnDemandのバージョンにより、格納される内容が変わる可能性があります。
error_message エラー発生時、発生したエラーのメッセージが格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • SkyOnDemandのバージョンにより、格納される内容が変わる可能性があります。
error_trace エラー発生時、発生したエラーのトレース情報が格納されます。
  • デフォルト値はnullです。
  • SkyOnDemandのバージョンや実行するクライアントアプリケーションにより、格納される内容が変わる可能性があります。

仕様制限

主な例外

例外名 原因 対策
InputDataNotFoundException [入力データ]が指定されていません。 [入力データ]を指定する、またはデータフローを引いてください。
ResourceNotFoundException
リソース定義が見つかりませんでした。名前:[]
[接続先]が指定されていません。 [接続先]を指定してください。
ResourceNotFoundException
リソース定義が見つかりませんでした。名前:[<グローバルリソース名>]
[接続先]で選択されたリソース定義が見つかりません。 [接続先]で指定したグローバルリソースを確認してください。
InvalidPropertyConfigurationException
<プロパティ名>が指定されていません。
[<プロパティ名>]が指定されていません。 [<プロパティ名>]を指定してください。
InvalidFolderPathException [フォルダパス]に入力されたパスが不正です。 [フォルダパス]を確認してください。
SpreadsheetAlreadyExistedException [ファイル名]に指定されたスプレッドシートがすでに存在します。 [ファイル名]を変更するか、[書き込み設定][上書き]にチェックを入れてください。
InvalidCellAddressException
指定されたセルアドレスは不正です。セルアドレス:[<セルアドレス>]
[開始セルアドレス]に入力されたセルアドレスが不正です。 [開始セルアドレス]を確認して正しいセルアドレスを入力してください。
WorksheetUpdateFailedException
書き込みを行うシートの行数・列数の設定に失敗しました。シート名:[<シート名>] 列数:[<列数>] 行数:[<行数>]
書き込みを行うシートの行数・列数の拡張に失敗しました。処理中にほかの操作によりスプレッドシートが更新された可能性があります。 書き込み対象のスプレッドシートに対して処理中に更新を行う操作が存在しないか確認してください。
WorksheetDeleteFailedException
シートの削除に失敗しました。シート名:[<シート名>] 一時シート名:[<一時シート名>]
書き込み対象のシートの削除に失敗しました。処理中にほかの操作によりスプレッドシートが更新された可能性があります。 書き込み対象のスプレッドシートに対して処理中に更新を行う操作が存在しないか確認してください。また、一時的に作成された<一時シート名>のシートがスプレッドシートに残っている可能性があります。
BatchFailedException 書き込み中にエラーが発生しました。 エラーメッセージを確認して対応を行ってください。
com.google.gdata.util.ServiceForbiddenException スプレッドシートを更新する権限がありません。 書き込み対象のスプレッドシートの共有設定を確認してください。
java.lang.IllegalArgumentException
Invalid extended help URI: Request rate limit exceeded.
GoogleスプレッドシートAPIの同時実行数の制限を超過しています。 処理の同時実行数を減らしてください。

注意事項